読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

肝臓の酸化は錆(サビ)である

■肝臓がサビる!?
二日酔い予防・肝機能向上に良いとされるお酒強くなるサプリの成分にはオルニチンが含まれています。
肝臓に良いと言われる肝機能の向上効果はお酒に対することだけではありません。
肝臓はその名の通り、生命維持に必要な肝である臓器です。
しかし沈黙の臓器をも呼ばれるくらいに自分から不調を訴えてはくれません。
「胃が痛い」「頭が痛い」とは言いますが、「肝臓が痛い」とは言いませんよね。
なぜなら肝臓自体が痛むことはほとんどなく、不調は痛み以外で表れるからです。
肝臓は心臓から1/4の血液を送られてくる臓器です。
その大量の血液をそれぞれ代謝・解毒・胆汁などの必要な役割へと振り分けていくポンプ役を担っているため、他の臓器に比べ酸素を消費しやすく活性酸素を発生させやすいという面があります。

活性酸素が肝臓にもたらす影響とは?
活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類が存在し、善玉活性酸素は食物や空気によって体内へと侵入してきた細菌やウイルスを退治してくれます。
しかし、悪玉活性酸素が増え善玉活性酸素が減少すると細胞を傷つけたり必要な臓器を酸化させてしまいます。
これによって肝機能が低下すると肝臓の担っている働きが正常に行えなくなり全身に広がっていくのです。
悪玉活性酸素はガン細胞の原因であるとされ、除去するために水素水や抗酸化作用のある食べ物を摂ることに注目が集まっていますが、その中の1つがオルニチンによる肝機能の向上で善玉活性酸素の働きを阻害・解毒させるということなのです。

■悪玉活性酸素の除去方法
まず肝臓への悪玉活性酸素は肝臓の働きを良くすることで、肝臓本来の持つ解毒作用によって排出させることが出来ます。
それに良いとされるのがオルニチン等を含むしじみです。
また、抗酸化作用のある食べ物はビタミンA/C/Eとポリフェノールが含まれているものが効果的なので、ごま・ぶどう・ほうれん草・にんじん・レモン・パセリ・みかん・アーモンド・小魚・大豆製品・ブロッコリー等がオススメです。
食生活を意識的に改善するのなら、同時に睡眠にも気を配りましょう。
肝臓は寝ている間にも食事等を分解し解毒し体内へと循環させます。
なるべく睡眠時間前に食事をすることを避け、肝臓がゆっくりと休める日を週に数日用意できるとより元気に活動できるようになります。
また、サプリメントの摂取も就寝2時間前くらいにし、じっくりと肝臓に効くようにしてあげると良いでしょう。
日常生活の改善、そのサポート役にサプリメントを活用すると肝臓の酸化を防ぐことに高い能力を発揮します。