読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

お酒で疲労増加?疲労回復?

■お酒による疲労とは
お酒強くなるサプリが二日酔い予防に繋がるというのはご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、なぜそうまでして二日酔い予防が注目されているのかはご存知でしょうか?
お酒を飲んだあとは肝臓が分解をすることで体外へと排出されますが、肝臓には疲労回復という役目もあります。
お酒の分解で肝臓が疲労すると体全体の疲労回復が行えずに疲れが蓄積していくという悪循環に陥りやすくなります。
もちろん、肝臓だけが原因とは言い切れませんが確かな可能性として医学的にも証明されている大きな原因となるのです。

■肝臓はブラック企業の社員並み?
代謝・解毒・胆汁作りに疲労回復…
重要な役割をいくつも任されている肝臓は毎日毎日休みもなく働き続けています。
休暇は持ち主の気分次第という、まるでブラック企業に勤める社員のような仕事量を余儀なくされていると言っても過言ではありません。
これだけ一生懸命働いてくれるんですから、せめてお給料はきちんと支払わなくてはいけません。
肝臓が喜ぶものとしては、やはり肝機能をサポートする・負担を減らしてあげるというのが一番ではないでしょうか。
そこで必要なのがアミノ酸やタンパク質等の肝臓が必要とする栄養の補助になります。
これが二日酔い予防・お酒強くなるサプリに含まれるオルニチン等の成分を摂取することへと繋がります。
二日酔いになるということは肝臓の働き以上のお酒を飲んでいるということ。
いくら残業しても終わりの見えない書類の山に追われているようなものですね。
せめて誰かが手伝ってくれたら…というサポート役になるのが栄養の補助なのです。

■適度な飲酒で疲労回復
過度な飲酒は肝臓の酷使に繋がりますが、適度な飲酒は「長生きの秘訣」とも言われています。
これは、飲酒により食欲が増加しご飯を美味しく感じられることや、緊張をほぐしリラックスすることでストレスの解消へと繋がったり、血行の促進や利尿作用によって代謝を高める効果や善玉コレステロールを増やしてくれるといった効果によるものですが、全てのポイントは「適度に」ということです。
ビールなら500mlまで、日本酒なら1合までなど、適量も人それぞれですが、ほろ酔い程度に抑えておくことで「今日も頑張ったなぁ」という解放感や仕事とプライベートのスイッチのような役割をし、体が休むモードに切り替わる目安にもなります。
ただし、日々量が増え、アルコール依存症に…なんてことにはならないように自制心は強く持ち、週に数日は休肝日を作るようにしましょう。