読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

お酒の席で重要なのはペース配分

■お酒を飲む時に重要なこと
お酒強くなるサプリで日頃から肝臓を鍛える・サポートするのはとても重要なことです。
そもそもアルコールの分解を行う肝臓は飲酒によるダメージが大きく、肝機能の低下は全身のいたる所への影響力を持っています。
ただ、サプリの効果も飲み方一つで半減してしまうので最も重要なのは、お酒を飲む人の飲み方であると言えます。
では、どういった飲み方が良いのでしょうか?
お酒を飲み慣れていない人の多くは最初のペース配分に問題がある場合が多いのですが、自分のペースをコントロールするにはどうしたら良いのかをまとめていきます。

■ペースを崩す飲み方とは
遅刻して参加した時に「駆け付け三杯」という掛け声をされることがあります。
これは、遅れてきた人が先に飲み始めていた人の酔いに追いつくという意味もありますが、元々は中国や日本での宴席での罰則からきているものだと言われています。
駆け付け三杯は要は一気飲みということです。
一番最初にこれをやってしまうと、空腹でのアルコールにより悪酔いしやすくもなりますし、その後から飲むことが出来なくなってしまうこともありますので避けるようにしましょう。

更に酸化した油を使っているようなおつまみは避け、少量の揚げ物でアルコールの吸収を遅らせたり、枝豆や刺身、サラダ・豆腐などのアルコールの分解を手助けするおつまみを選択すると悪酔い予防に効果的です。

■上手なペース配分とは
人によって飲める量は異なります。
これは個人個人の体内にあるアルコールの分解酵素の有無や活発性によるものなので、誰かがこれくらい飲めるから自分も飲めるというようなマニュアルがないのです。
大切なのは、「自分が何をどのくらい飲んだらどうなるのか」という変化を知ることです。
1時間かけてコップ1杯でも酔っぱらってしまう人もいれば、1時間に5杯飲んでも平気な人がいます。
まずは、どの程度お酒に対する耐性があるのかを知ることで自分の限界量を把握しましょう。
一般的に1時間に1杯~3杯であれば急性アルコール中毒になるような血中濃度にはなりません。
(アルコールの度数にもよりますが、大半は大丈夫です)
最初は少しずつゆっくりと飲むようにし、何時間で何を何杯飲んだ結果、どうなったかという記録を残すと良いのではないでしょうか。
その後から少しずつ1時間に飲む量を増やしてみたり、お酒の種類を変えてみる等の変化を取り入れてみましょう。
そうして自身の飲める量を知ると、お酒の付き合いの席でも酔い潰れたり記憶を無くすようなことは防ぐことが出来ますし、重度の二日酔いも避けることが可能になります。