読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

弱い人必見!酔わない飲み方5選

お酒強くなるサプリを飲む方も増えていますが、サプリを飲んでいてもお酒の飲み方によってはせっかくのサプリも効果が半減してしまいます。
酔わない飲み方を身に着けることで、お酒強くなるサプリを更に効果的に摂取していきましょう。
飲み会の時に使いたい、酔わない飲み方の紹介です。

■①飲み会の前にオルニチンやウコンを摂取
オルニチンもウコンも二日酔いに良いとされています。
肝機能の向上をさせ、アルコールの分解をサポートしてくれる成分になりますので、普段から摂取しておくとアルコールの分解能力が高まることに加え、肝機能が活性化されるため健康にも良いとされています。
特に、オルニチンはお酒強くなるサプリとしても販売されている成分ですし、かの有名な「お酒を飲んだらしじみの味噌汁」と言われる、しじみに含まれているのがオルニチンという成分になります。

■②空腹は避ける
空腹時にはアルコールの吸収が早まってしまうため、普段よりも酔いが回りやすいとされています。
お酒を飲む前に少し食べておくか、飲み会の時には枝豆や焼き鳥といったタンパク質が豊富な食べ物や、タコホタテなどのタウリンを含む魚介類などをつまみながら飲むようにすると悪酔い防止に繋がります。

■③お酒と同じ量の水を飲む
水を同時に摂取することは体内のアルコール濃度を薄める効果と、アルコールによる脱水症状を抑える効果があるため、お酒を飲む時にはチェイサーを用意すると良いでしょう。
アルコールの利尿作用により、飲んだ水も排出されるため、満腹で飲めなくなるというようなこともありません。

■④グレープフルーツなどの入ったお酒を選ぶ
グレープフルーツに含まれるビタミンC・クエン酸に加え果糖によるアルコールの分解を手助けしてくれます。
生搾りサワーやグレープフルーツジュースを使ったアルコールでも良いですし、飲み会の前に100%ジュースを飲むのも予防効果があります。

■⑤睡眠はしっかり取っておく
疲れている時や睡眠不足な時には、肝機能が低下しアルコールの分解が上手く行われません。
それによって悪酔いしやすく、二日酔いになりやすくもなります。
飲み会前日には、早めの休息で肝臓をしっかりと休ませて翌日の飲み会の時にきちんと働けるようにしてあげましょう。

以上5つの飲み方に気をつけるだけで、普段よりも酔いにくく、なおかつ飲める量が増えることが期待できます。
お酒に強い人はもちろん、弱い人は特に意識して飲むようにすると良いでしょう。
酔わない飲み方とお酒強くなるサプリの併用によってサプリの効果もUPされるのではないでしょうか。