読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

自分で自分を苦しめていた飲み会

お酒が苦手、人と話す事が苦手…そんな方にとっては飲み会は苦痛の場になるでしょう。
そんな、飲み会が苦手な方の体験談を紹介したいと思います。

 

自分は、飲み会が苦手です。
お酒が苦手なのもありますが、飲み会の雰囲気や人とのコミュニケーションの取り方も苦手なため、本当に飲み会が嫌いでした。

ですが、会社にいるとそうは言っていられません。
上司や先輩、取引先などありとあらゆる人から誘いを受けてしまいます。
そんな時は断る事が出来ずに、仕方なくですが参加をしていました。

上司はお酒を飲むと説教じみた事を言い出し、先輩は自慢話ばかりします。
自分は、ただボーっと聞いているだけなのですが苦痛で仕方がありませんでした。

そんなある日、取引先の方に飲みに誘われました。
嫌だったのですが、上司にも促され行く事になりました。

個室の居酒屋だったのですが、取引先の方が年上ばかりじゃ疲れるだろうと、同年代の方も1人連れて来てくれました。
誰が来ても同じだろうと思ったのですが、同性だったのですが運命の出会いというか…飲み会に対する想いが一気に変わった日になりました。

乾杯をした後、取引先の上司と自分の上司は気があったのかすごく2人の世界みたいな感じで飲み合っていて、自分は輪の中には入れませんでしたが、その同年代の人に話しかけられました。

「飲み会、嫌いでしょ?」
ビックリして思わず無言になったのですが、顔に出てたのかと思いすぐに謝りました。
ですが、その人は「自分も苦手だった」と笑って教えてくれました。

その人は、入社した頃からずっと飲み会が苦手で仕方がなかったけど、お酒に強くなる為にもお酒を飲んだりして頑張っていたみたいです。

そんなある日、同じ会社の先輩に言われたそうです。
「話すのが苦手なら聞き上手になれ、酒が苦手なら飲まなくて良いし、その分美味しい料理をたくさん食べて楽しめ、意外と上司の話は為になる、楽しむ要素を自分で探せ。」などと言われたそうです。
その時に、自分の事しか考えていなかったと気づいたそうです。

確かに自分もそうだなと思いました。
自分がお酒が苦手だから飲みたくない
自分は人と話す事が苦手だから話したくない
など、自分のことしか考えていなかったのです。

勝手に上司の話はつまらないと判断して聞いているふりをしていたり、人と話す事が苦手だからと壁を作っていたのです。

それは、まわりにも多少は気付かれていて、何回か「楽しんでる?」などと聞かれた事もありました。
そんな事を考えていると、自分は視野が狭い人間だったんだなと実感する事が出来ました。

その日から自分は、なるべく壁を作らないように努力したり、上司の話をちゃんと聞くようにしたのです。
そうしたら、確かに仕事のやり方や取引先の対応の仕方など勉強になる事を聞く事が出来たのです。
他にも、飲み会の際中に人間観察をしたりして、どんな人なのかを知る事により話掛けやすい人なんだな、と気付く事が出来たりしました。

それからは、飲み会も前ほど嫌ではなくなり、少しは楽しめるようになったので感謝しています。