読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

身近な食材で二日酔いを予防しましょう

辛い二日酔いを経験するたびに、お酒に強くなる方法を考えている方もいると思います。
そんな二日酔いを予防する食材を紹介したいと思います。

■バター
脂質をお酒を飲む前に摂取すると、胃粘膜がカバーされるのでアルコールの吸収が緩やかになると言われています。
バターだけではなく、オリーブオイルも効果的です。
パンにつけて食べてから飲みに行くのも良いでしょう。
パンにはオルニチンが含まれているので二日酔いに効果があります。

■柿
他の果物と比べると果糖が多く含まれている為、肝臓の働きを強くする効果があります。
アルコールの分解は肝臓で行われるので、肝臓機能が高まる食材は二日酔い予防にはピッタリです。
また、干し柿にも含まれているタンニンは、血液の中のアルコールを体外に排出する効果があります。

■梅干し
梅干しの成分、ピクリン酸は肝臓の機能を活発化する働きがあります。
クエン酸も含まれているのでダブルの効果があります。
お酒を飲む前にそのまま食べたり、お湯に入れて飲んだりすると良いでしょう。

■チーズ
チーズにはたんぱく質が多く含まれています。
タンパク質が、アルコールを分解する働きを助けてくれるのです。
なので、二日酔い予防にチーズを使ったおつまみを食べるなどすると良いでしょう。
チーズそのものじゃなくても、グラタンやピザを食べるだけでも効果があります。

アロエ
アロエチンというアロエの主成分には解毒作用がある為、肝臓の機能を活性化する事が出来ます。
ビタミンやアミノ酸も豊富なため、代謝を良くしてくれるのでアルコールの分解速度も早くなります。

■ゴマ
ゴマの成分セサミンアセトアルデヒドの分解をサポートしてくれるので、二日酔いの予防に大変効果があります。
また、抗酸化作用を発生させるので活性酸素の除去ができ、肝臓への負担が少なくなります。

■グレープフルーツ
ビタミンCが多く含まれているので、アセトアルデヒドの分解を助けてくれる効果があります。
また、クエン酸も豊富なのでい駅などの分泌を促すため、胃が傷つきにくくなります。
フルーツをそのまま食べるだけではなく、ジュースでも効果は同じなので手軽に補えるので便利です。

■みかん
グレープフルーツと同様に、ビタミンCが豊富です。
胃のむかつきを緩和させる効果があります。
また、オレンジジュースも同じく効果的で、飲み会前に飲む事で水分も同時に摂取できるので、脱水や頭痛などを防ぐ事が出来ます。

このように二日酔いを防ぐ食材はたくさんあります。
家庭にある物や、すぐに購入できる食材が多いので試してみて下さい。