読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

接待がうまくいく、理想の接待のマナーとは?

お酒強くなるサプリなどで悪酔いしないように事前の準備をしつつ、しっかりと計画的な接待をこなせると上司からも部下からも信頼される人になれます。
相手に対しての敬意や尊敬を接待で上手に表せると今後の仕事にも良い結果がもたらされるのではないでしょうか。
 
■時間より早く到着し席の確認をする
接待の基本は相手よりも先に会場へ行き、下座の位置や景色の確認をして相手に気持ち良くお酒を飲んでもらう場を作ることから始まります。
接待する側であれば遅刻は厳禁、される側であっても時間には余裕を持って早めの行動を心掛けましょう。
接待も大切な仕事のひとつです。
これにより、取引相手との信頼関係が築けたり、双方にとってよりよい商談がまとまったりと重要な役割を担っていることをしっかり意識しましょう。
 
■相手に合わせた会場の用意
年齢やお店の立地、周辺の交通の便といった相手に合わせた会場を用意しましょう。
お酒の好きな人には種類が豊富な会場を、食べ物の好みなども事前にチェックすることで喜ばれる会場を選択することが可能になりますのでリサーチ力も必要になります。
会社内に接待したことのある人がいないか、その時にはどんな様子だったかなど相手についての知識を得ておきましょう。
 
■お酌、注文はこまめにチェック
接待の時には瓶ビールと日本酒が主になります。
相手のグラスが空になる前に、「お次はどうされますか?」「お注ぎ致します」と声をかけ、決して手酌をさせてはいけません。
そして、相手から勧められた際には両手でグラスを持ち「ありがとうございます」
とお礼を言いましょう。
基本的には、注がれるお酒はあまり断らないものですが、飲めない人は気を悪くさせないような断り方を身につけましょう。
 
■泥酔するほど飲むのは厳禁
接待中も仕事です。
お酒の付き合いは、普段見られない相手の一面を知る絶好のチャンスです。
もちろん、相手もあなたのことをよく観察しています。
常に見られている・評価されていると思い、飲み過ぎないように摂取量などは自分でコントロールしなければなりません。
最後まで気持ち良く楽しんでもらうことを考えながらも、相手の好きなことや嫌いなことなど仕事以外の話も聞けるような雰囲気作りも接待する側の醍醐味です。
 
■お見送りとお出迎え
席の確認などが終わったら会場前で相手を待つのも好印象を与えることができます。
そのまま席まで案内し、上座に座って頂くというスムーズな流れも作りやすくなります。
あまり堅苦しい接待ではない場合には席で待っていても問題はありません。
しかし、お帰りの際には必ずタクシーやドライバーの車までお供し、車が発進し見えなくなるまでお見送りしましょう。