読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

二日酔いの時は頭痛薬や睡眠薬は服用できないって本当?

■二日酔いの服薬は危険
お酒強くなるサプリメントを飲んでいても、飲みすぎたら防ぎきれないのが二日酔いです。
二日酔いの症状も様々ですが、その中でも頭痛と吐き気には多くの人が悩まされています。
手っ取り早く軽減させたいと頭痛薬や吐き気止めを飲む人がいますが、これはとっても危険なことです。
病院で処方される薬も、市販の薬も、基本的にはアルコールと一緒に服用することは禁じられています。(一部例外もあります)
薬を飲みたくなるほど二日酔いの真っただ中ということは、体内にはまだアルコールが残っている・分解されているということです。
その時に薬を飲むのはアルコールと併用しているということになってしまいます。

■アルコールと薬の同時服用はどうなる?
お酒を飲む前や飲んでいる時、または二日酔いの時に薬を飲むとどうなるのでしょうか。
まず、アルコールは肝臓で分解されます。
薬は胃で溶けてから小腸へ吸収されて血液を通って肝臓に運ばれます。
薬の一部の分解も肝臓で行われるのです。
そして、肝臓には分解能力に制限があり、なんでもすぐに分解できるわけではありません。
アルコールの分解をしている時には、薬の分解能力が低下している可能性があります。
その逆に、薬の分解をしている間、アルコールの分解がストップしてしまうことも考えられます。
薬の分解が正常に行われないと多量の成分が体内に回ってしまうこともあります。
薬には胃や粘膜、肝臓を傷つけてしまうという副作用があるものもあり、アルコールとの摂取によってその副作用がより強く出てしまったり、逆に具合が悪くなるといった可能性が高まります。
アルコールの分解がストップしてしまえば、二日酔いが長くなってしまうということも充分にありえますので、アルコールが残っている状態で服薬することは避けましょう。

■頭痛や吐き気を軽減させるなら
薬に頼らずとも、食べ物や飲み物で軽減させることができます。
カフェインの含まれている飲み物や牛乳、水分が不足している可能性があるのでスポーツドリンクでの補給も効果的です。
また、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解をサポートするしじみやごま、卵などの食事、頭痛や吐き気に効くツボを押すことでも緩和することが出来ます。
二日酔いの症状を軽くする目的で、肝機能を向上させる成分の含まれたサプリメントや食べ物を日常に摂取するように心掛けるのも良いでしょう。
二日酔いの時に飲める頭痛薬などは、薬剤師や医師に確認した上で処方してもらい、使用上の注意をよく確認して服用するようにしましょう。