読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

お酒に弱いと二日酔いになるの?

お酒が弱いから、飲み会の前にお酒に強くなるサプリメントや二日酔いに効く食べ物を食べたりなど様々な対処法を実践するのに、すぐに酔っぱらってしまう、翌日は二日酔いが酷くて動けないなど、困った症状になる人はいませんか?
お酒が弱いから二日酔いになりやすいのか、疑問に思う人も多いと思います。

■二日酔いの原因
まずは、二日酔いの原因を知ることから始めましょう。
お酒を飲むと肝臓の働きによってアルコールが分解されるのですが、お酒を飲み過ぎてしまうと、代謝しきれなくなってしまい肝臓の働きが弱まり、アルコールが分解出来無くなってしまいます。
アルコールは分解されるとアセトアルデヒドという物質に変化するのですが、それが体の中に蓄積してしまい、頭痛や吐き気などの二日酔いの症状が表れるのです。
また、肝臓の働きが悪くなるとアンモニアが分解されなくなってしまいます。
その事が原因で疲労やダルさが表れます。

■お酒が弱い原因
生まれつき肝臓の働きが悪かったり、代謝が悪かったりする事が原因でお酒に弱かったり、二日酔いになりやすくなったりします。
二日酔いの原因から分かるように、お酒が弱い人は肝臓の働きも弱い為にすぐに酔ってしまったり、二日酔いになりやすい傾向があります。
また、お酒に弱い人は遺伝の可能性もあるのです。
調べる方法はパッチテストなどで簡単に行えるので試してみて下さい。
遺伝の他にも年齢や体格の差で代謝の速度も変わるので、お酒が弱い体質の場合もあります。
身体が大きいと肝臓も大きい事が多く、お酒に強い体質だったりします。
また、高齢者は肝機能の働きも弱くなったり、体内の水分の量が少ない為にお酒に弱くなる事があります。

■二日酔いになりやすい人
上記の事から、二日酔いになりやすい体質の人は、肝臓の働きが低下している人や遺伝で受け継いだ体質の可能性が高い事が分かります。
なので、お酒が弱い人は二日酔いになりやすい傾向があります。
よく、お酒をたくさん飲めばお酒に強くなるといいますが、遺伝でお酒が弱い体質の場合など、お酒をたくさん飲んだからといって強くなる事はありませんし、むしろ二日酔いの症状が悪くなっていくだけなので、飲み過ぎには十分に注意して下さい。

アルコールを摂取しすぎた場合は、二日酔いに効くと言われているオルニチンを摂取し、水分をたくさん摂る事が大切です。
オレンジジュースやトマトジュースは二日酔いに効果的な成分がたくさん含まれているので、お酒を飲んだ後など、寝る前に摂取する事で二日酔いの症状を抑える事が出来るでしょう。