読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

会社の飲み会に行きたくない方必見!飲み会の断り方5選

■断りたい飲み会はありますか?
職場の歓送迎会や旅行、友人同士など飲み会に誘われることがありますよね。
付き合いもありますし、なかなか断りにくい場面も少なくはないのでは?
お酒が弱い・飲めない人はなおさら気が進まなかったりします。
飲めないことでノリが悪いなどと言う人もいたりして、中にはお酒強くなるサプリを飲んでお酒を飲めるようになろうと努力している人もいますよね。
断ることで空気を悪くしないか、相手に嫌な思いをさせないか等、その後の人間関係のことなどを考えるとどうしても気を使ってしまいます。
なるべく角を立てずに、お互いに気持ちの良い断り方があると良いですよね。

■断る時のポイントは?
どうしても都合のつかない時や急遽行けなくなってしまった時など、断らなければならない状況はあるものです。
そんな時には「行きたかった」「楽しみにしてた」「また誘って欲しい」という気持ちを伝えると相手に良い印象を持たせつつ円滑に断ることができます。
たとえば、自分が企画した飲み会で楽しみにしていたのに誰かが来れなくなった、中止になったという時には、やはり少なからず残念だと感じませんか?
相手も同じ気持ちかもしれません。
小さな気遣いが人間関係をスムーズに継続していくために必要なことではないでしょうか。

■受け入れやすい断り方は?
相手がすんなりと受け入れてくれ、なおかつまた誘おうという気持ちを持ってもらえる断り方を5つ紹介します。
1.体調不良
身体の調子が良くない時に無理矢理呼ぼうとする人はあまりいませんよね。
無理をして悪化したり、他の人に移してしまうと大変です。
お酒を飲めない・行けない状況であることを強調しましょう。
2.先約がある
先に約束をしている人がいたら、それはもう仕方ないと諦める他ありません。
一緒に連れてくれば良いよ。というような間柄の場合は、上司や家族など連れて行きにくい相手だと言うと効果的です。
3.配偶者・子供・恋人などを優先する
家族が具合悪い・恋人とデート・この前も飲みに行ったからなど、大切な人を優先したいという気持ちを伝えるのも良い方法です。
その時に「ダメって言われた」などマイナスイメージがつくような事を言ってしまうと、後々バレてしまい喧嘩になる可能性も?
あくまでも、自分が優先したいという気持ちを伝えると良いでしょう。
4.金欠
現在お金に余裕がないと伝えると断りやすいのではないでしょうか。
余裕のある時にまた誘ってと次があることも併せると今後も誘いやすくなりますね。
5.仕事が遅くなる
残業や休日出勤など、仕事を理由にすると相手にも伝わりやすいです。
仕事を放って飲み会に参加するわけにはいかないと相手も思うでしょう。

断る時には相手への感謝と謝罪の気持ちをきちんと伝えることで、次に会う時にもお互いに気持ち良く接する事ができるので、気遣いを大切にしましょう。