読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

二日酔いの原因と症状

■どうして二日酔いになるの?

 

お酒の席で会社の仲間や友人とワイワイ楽しむことはいいのですが、中には飲み過ぎで翌日二日酔いで苦しい思いをしてしまった・・・というそんな経験をした人もいるのではないでしょうか。
お酒を飲むと、利尿作用によって脱水症状を引き起こしたり、肝臓内のアルコール分解によって発生する物質「アセトアルデヒド」という二日酔いの原因となる成分が発生します。また血管拡張や消化不良などの様々な原因にもなります。
中にはお酒に強くて全く二日酔いをしたことがないという人もいるかもしれませんが、飲み過ぎてしまったり、お酒に弱い人は二日酔いになりやすいでしょう。

 

■二日酔いの症状について

 

二日酔いの症状には様々なものがあります。
・吐き気
アルコールを飲むと利尿作用が働き、飲酒量以上の水分が体外へ排出されるので脱水症状を引き起こします。脳にも圧力がかかり、脳髄液が減少し、吐き気を催すことがあります。
体内でアルコールが分解される時に発生する「アセトアルデヒド」という成分が嘔吐中枢を刺激し、吐き気を生じさせてしまいます。
大量のアルコールを摂取すると消化不全を起こし、飲んだものや食べたものを消化しきれずに吐いてしまうことがあります。

・頭痛
血液に送られたアルコールによって頭部の血管が拡張し、ズキズキとした頭痛が起こることがあります。
脱水症状による脳髄液の減少で、頭痛が発生しやすくなります。
アルコール分解で発生する「アセトアルデヒド」が頭痛誘発の原因として考えられています。

・胸焼け
アルコールの大量摂取で胃酸の分泌が増え胃酸過多となります。胃痛や胸焼けなどの不快な症状が起こります。

・脱力感
アルコールの利尿作用によって尿の量が増えますが、同時にカルシウムやマグネシウムなどの筋肉収縮に関わる成分も排出されてしまいます。これにより脱力感や疲労感を感じやすくなってしまいます。

 

■二日酔い対策をしっかり行ってお酒に強くなろう

 

・水やスポーツドリンクで水分補給を
脱水症状を防ぐため、合間に水やスポーツドリンクなどで水分補給がおすすめです。脱水症状の緩和はもちろんのこと、体内のアルコール濃度を薄めてくれる効果があります。

・ウコンやシジミのみそ汁を飲む
二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」の分解の促進には、ウコンやタウリン、オチアミンを含むしじみのみそ汁を飲むのがおすすめです。

・胃腸薬で消化不良を和らげる
胃が不快である場合、胃酸分泌抑制剤や胃粘膜保護剤などの胃腸薬を服用すると効果的です。