読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

ノンアルコールで酔うこともあるって本当?

■ノンアルコールが人気の理由

現在お店でノンアルコール飲料が増えてきており、お酒を扱う飲食店でもノンアルコールを提供している多いです。
それほどノンアルコール飲料は現代に浸透し、多くの人々から人気を得ています。
ノンアルコール飲料の人気は主に飲酒をしても車を運転できる事や、お酒が弱い人でも安心して飲む事ができるという理由が大半を占めています。
他にも、肝臓を休めたい時に飲む事や、食事中やリラックスタイムで気軽に1杯という風に飲む人も多いようです。


ノンアルコール飲料の基準

ノンアルコール飲料は酔わないのでアルコールが含まれていないと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。
実はノンアルコール飲料には全くアルコールが含まれていないものと、1%未満のアルコールが含まれている飲料と2種類に分けられるのです。
日本ではお酒に課せられる税金の関係から1%以上のアルコールが含まれる飲料を「アルコール飲料」と定義しているので、アルコールが含まれていても1%未満であればノンアルコール飲料に定義されます。


ノンアルコール飲料でも酔ってしまう

ノンアルコールという安全からつい飲み過ぎてしまう人も多いかと思いますが、ノンアルコールでも酔ってしまう事はあります。
全くアルコールが入っていない飲料であれば炭酸飲料水を飲んだ事と同様なのでアルコールの影響はありませんが、微量のアルコールが含まれている飲料であれば微量ですが飲酒した事になるのです。
ですから、例え1%であっても飲み過ぎてしまえば元のお酒と同じ濃度のアルコールを摂取してしまう事になります。
またアルコールの強さは人それぞれであり、弱い人でもノンアルコールは酔わないから安心だと過信してしまうのは危険です。


■運転前のノンアルコールを飲酒

アルコールを飲酒しての運転は非常に危険であり、法律で禁止しています。
またアルコールが体内に残っている状態でも酒気帯び運転として罰則が命じられてしまうので、運転前の飲酒は禁止です。
それならノンアルコールなら大丈夫だと思う方の多いでしょうが、アルコールの割合によっては飲酒運転と判定されてしまう事があります。
なぜなら、アルコール血中濃度は飲んだ量と体重が関係しており、体重70kgの人がアルコール5%の缶ビール350mlを飲んだ場合、アルコールが分解されるのに約2時間かかってしまいます。
ですから、ノンアルコールを大量飲酒した場合は同じような事になり、血中濃度酒気帯び運転対象の0.03%以上と判定されれば飲酒運転となってしまうです。
酔ってないから大丈夫だとは思わず、車など運転する前にノンアルコール飲料を摂取する場合は気を付けましょう。