読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

どうしてお酒を飲むと二日酔いになるの?

■二日酔いは原因別に様々な症状がある
 
お酒を飲み過ぎてしまい、二日酔いになった経験がある人もいるのではないでしょうか。お酒を飲むと体内では色々な変化が起こります。お酒を飲むとどうなるのか、またどうして二日酔いになるのかなど、お酒に関するメカニズムを勉強していきましょう。
・脱水症状
お酒を飲むと利尿作用を催し、飲酒量以上の水分が排出されます。
この時、尿と一緒にカルシウムやマグネシウムなどの筋肉の収縮に関わる物質が排出されてしまい脱力感や疲労感を感じやすくなるのです。
他にも脱水症状が起こると喉の渇きなどを感じますが、その影響は体だけではなく、脳にも圧力がかかることになります。脳内の脳髄液が減少してしまい、これが吐き気や頭痛の原因となるのです。
 
アセトアルデヒド物質の発生
お酒を飲むと体内でアルコールを分解するために、「アセトアルデヒド」という物質が作られます。この物質は毒性が強いため、吐き気を催したり、頭痛を誘発させてしまいます。
 
・血管が拡張する
アルコールを摂取すると、胃や腸で一旦吸収された後に血液から肝臓に送られて分解されます。血中のアルコール濃度が高いと、頭部の血管が拡張し、頭痛を発生させてしまいます。
 
・胃酸の分泌が増えて胃酸過多に
アルコールを飲み過ぎると、胃粘膜を刺激し胃酸の分泌が増えます。胃酸過多によって胸焼けを起こしたり、気分が悪いなどの不快感に見舞われます。
 
 
 
■二日酔いの対処法って?
 
お酒は好きだけど、二日酔いになりやすい、またあまり飲めなくて悩んでいる人もいるかもしれません。お酒に強くなりたいという人は、二日酔い対策を行いましょう。といっても先ほど二日酔いの症状は様々な要因があるため、特定の原因を見極める事は困難です。それぞれの原因に沿った対処法を1つ1つ行うことで症状を軽減出来る可能性があります。
 
・脱水症状の対処法
お酒の合間に水やスポーツドリンクなどで十分に水分補給をしましょう。また、血中のアルコール濃度を薄めてくれる効果もあります。
 
アセトアルデヒドの対処法
ウコンやしじみのみそ汁は「アセトアルデヒド」の分解促進を促す効果があります。
 
・血管拡張の対処法
冷却シートや冷たいタオルで首筋の血管を冷やすと、頭部の血管を収縮し、頭痛が緩和されます。
 
・胃酸過多の対処法
胃腸薬の服用で症状を和らげることが出来ます。二日酔いには、胃酸分泌抑制薬や胃粘膜保護剤がおすすめです。