読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

プチ断食で内臓を休ませる

■プチ断食で内臓が復活?

飲酒をした後の断食は体の負担を軽減するのに効果的であると言われています。
断食と聞くと、何も食べてはいけない、とても過酷なイメージをお持ちの方も多いかもしれません。
しかし、プチ断食なら週末一日だけなど、期間も短めで始めることが出来ますし、手軽で精神的な負担も少なくて済みます。
断食とは言うものの、水分だけなら取って良いという方法や特定の食品なら食べて良いという方法などそのスタイルは様々です。
ですから、「固形物は食べない」「朝はバナナ一本だけ食べる」など自分でルールを作ることが出来るので無理なく断食することが出来ます。


■なぜ休息が必要なのか

飲酒後、大量に摂取したアルコールを分解する際、体内では多くのパワーを必要とします。
アルコールによって失われた水分やアルコール分解に必要な栄養素の不足は身体的な負担になりかねません。
お酒を飲んだ後、内臓は常に食べ物や飲み物の処理に大忙しの状態です。
そんな時こそ、お腹を休ませてあげましょう。
お酒に弱い人の場合、たくさんのお酒を飲めばお酒に強くなるというわけではありません。
アルコールの耐性が少ない人の場合、アルコールの摂取によって内臓の疲れが溜まりやすい傾向にあるため、体が休める日を作るという意味で断食は効果的であると言えるでしょう。
内臓を休めると、食べ物やアルコールの処理でいっぱいいっぱいだった内臓の免疫力が上がるため、本来の力を発揮するためのエネルギー供給が円滑に出来るようになります。
内臓の働きも強くなるので、初めての方には特におすすめです。
この休息期間によって体調を整える効果も期待出来るので、プチ断食は飲み過ぎた次の日が特におすすめです。


■プチ断食を行う際の注意点

断食の期間一日や二日といえども、急に何も食べなくなると体に負担が掛かります。
ですから、プチ断食を始めようと思ったら前日の夜は炭水化物を食べない、食事の量を少量にする、飲み物だけで済ますなどプチ断食に向けて体を慣らす事を意識して献立を考えると良いでしょう。
また、断食後も急に食べる量を増やすのはあまりおすすめ出来ません。
フレッシュジュースやスムージーなどの飲み物だけ、野菜だけのサラダなど徐々に普通の食事にシフトしていくのがおすすめです。
ダイエット目的の断食ではないため、カロリーではなく食べ物のを減らすことを意識してみましょう。
また、飲み物も食べ物も良く噛みながら摂取すれば消化時の負担を軽減することが出来ますので試してみてください。