読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

アルコール度数を制する者は酔いを制す!?

■飲み放題の憂うつ

お酒があまり飲めない人にとって、飲み会の席で他の人と同様に楽しくお酒が飲めないのは辛いですよね。
特に飲み放題の時は、お酒があまり飲めないばかりに周りの人の飲むペースが気になる・・なんて事もあるかもしれません。
お酒に強くないけれど、せっかくの飲み放題なら量を気にせず好きなお酒を飲んで楽しみたいものです。
しかし、お酒は好きだけど弱くて量が飲めないという人の場合、意識的にセーブしながら飲まないと後々後悔してしまう結果にもなりかねません。

しかし、お酒をあまり飲めないという方でも飲み方を工夫すればお酒の席で損する事がないのです。
せっかくの飲み会だから飲めない人でも楽しくお酒を飲みたいですよね。
では、その工夫とは一体何でしょうか?
今回はおすすめの方法を紹介していきます。


■アルコール度数を制してお酒に強くなる!

アルコールが高いお酒といえば、まず思いつくのはなんでしょうか。
ウォッカやテキーラ、ジンなどは代表的なものと言って良いでしょう。
これらの割らないお酒の場合、いくら美味しくても飲めない人にとってはキツいものがありますよね。

では反対に、アルコール度数が低いものはなんでしょうか?
リキュールをソーダやジュースで割ったカクテルは美味しいうえに酔いが回る速度が遅いのでおすすめです。
カクテルは、基本的にアルコールをウーロンやジュースで割ったものですからお酒をコップ一杯飲むのとでは格段に量が違いながらも少しづつお酒が飲めて良いですよね。
リキュールにも種類によってアルコール度数が異なります。
そのため、アルコール度数が低いリキュールを把握しておけば、そのリキュール使ったカクテルであればお酒に強くなくとも比較的安心して飲む事が出来るでしょう。


■アルコール度数の知識に強くなる!

お酒に弱くても飲めるお酒はたくさんあります。
しかし、いくらお湯やソーダで割っていても酔ってしまうお酒の種類は存在します。
例えば、サワー系のお酒は炭酸を使っているお酒よりもアルコール吸収率が高くなり酔いやすいと言われています。
また、醸造酒など不純物が多いと言われているお酒の場合は二日酔いになりやすい、悪酔いしやすいといったデータもあるため、アルコール度数以外にも留意するべき点はありそうです。
しかし、アルコール度数を知っておけば、どんなお酒を選べば良いかの判断がしやすくなりますし、すぐに眠くなるなどの症状を緩和する事が出来そうです。
まずは、あなたに合ったアルコール度数を見つけてみましょう。