読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

アルコール依存症のための薬とは?

■二日酔いになる薬?
 
お酒強くなるサプリで二日酔いの症状を軽減させようという人もいる中、全く真逆の二日酔いになる薬があるというのはご存知でしょうか?
これは、今から約100年以上も前に発見された「シアナミド」という農薬の工場で働く従業員がお酒に弱くなったということから、シアナミドにはアルコールが飲めなくなるというような効果があると発覚したのです。
これを人が飲んでも問題のないよう作られた薬が「シアナマイド」になります。
同じく「ノックビン」という薬もタイヤの製造工場で使用されていた薬品により従業員お酒に弱くなったことを基に作られた薬になります。
 
 
 
■何のために?
 
「二日酔いになりたい人なんているわけがない」
と思いますよね。
では、シアナマイドノックビンは何のために作られたものでしょうか。
実は、アルコール依存症の方のための治療薬として使用されているのです。
もちろん、これには医師の診断と本人のやめる意志が必要となり、医師の指導のもとで処方されなければ手に入れることは出来ない医薬品です。
シアナマイドを飲むといわゆる「下戸」の状態になり、ほんの少量のアルコールでも悪酔いした時の症状が現れるようになっています。
辛い二日酔いの症状にならないように、お酒を飲まなくなるという効果が期待されているのです。
しかし、アルコール依存症になりやすい方の生活の代表に「迎え酒」という習慣があります。
お酒を飲んで二日酔いになっている時に更にお酒を飲むことで中枢神経等が麻痺し、二日酔いの症状が和らぐということを続けてしまい、結果的に体内にずっとアルコールが残ってしまいます。
そして、お酒を飲み続けることをためられなくなってしまうのです。
 
 
 
■飲酒欲求をなくす薬もある?
 
アルコール依存症は「お酒を飲みたい」という欲求が自制出来なくなることが原因です。
「レグテクト」はその欲求自体を抑るための薬であり、これにも医師の診断が必要になります。
シアナマイドと同じく、本人にやめたいという意志がなければ、意味がありません。
薬は、軽減させたり抑制する効果があるというだけで、人間の欲求を完全にコントロールすることは出来ないのです。
アルコール依存症になってしまった時には、「やめるんだ」という強い意志と、やめた後の目標を定めることが大切と言えます。
適度なお酒はストレスの解消などにも役立つ百薬の長とも言われるものです。
自分の体だけではなく、大切な人のためにも、適時適量を心掛け上手に付き合って行きましょう。

酔いやすいと感じるお酒

お酒を飲む人の中では、ある特定のお酒を飲むと酔いやすいと感じる人いませんか?
例えば…
日本酒を飲むとどうしても二日酔いになってしまう。
ワインを飲むとすぐに眠くなってしまう。
など、人によって様々です。
なぜこのような現象が起こるのか紹介したいと思います。

■お酒の作り方で酔いやすくなっている!?
お酒に強くなるサプリを飲んでも辛い二日酔いに悩まされる…そんな時には、どんなお酒を飲んだか思い出してみましょう。
ただアルコール度数が高いお酒を飲んだからかもしれませんが、もしかしたらお酒の種類が関係しているかもしれません。
お酒には、「醸造酒」と「蒸留酒」がある事はご存知ですか?
醸造酒は、原料を発酵させて作るお酒でアルコール以外の不純物が含まれているお酒の事で、ビールや日本酒、ワインなどが醸造酒となります。
蒸留酒は、醸造酒を元に更に蒸留させるので、不純物が取り除かれて純度の高いお酒になっています。
ウォッカやジン、焼酎などが蒸留酒です。
蒸留酒は、アルコール度数が高めですが純度が高いので二日酔いになりにくいお酒と言われています。
なので、醸造酒をたくさん飲み過ぎて肝臓への負担が大きくなったことが原因ですぐに酔っぱらってしまった可能性が考えられます。
また、リキュールや梅酒などの「混合酒」もあります。
醸造酒や蒸留酒を原料に、フルーツなどの香りや味を付けるので、様々な成分が含まれているため、酔いやすいお酒と言われています。

■飲みやすいカクテルほど注意が必要!?
カクテルは甘くて飲みやすいので、女性にも人気があります。
混合酒をジュースや炭酸で割って飲むので飲みやすいですが、上記で言ったように混合酒は酔いやすいお酒です。
度数が高めのルシアンやカルーアミルクなどを多く飲んでいるとすぐに酔ってしまうので注意しましょう。
また、いくら度数が低くてもお酒に強くなったと勘違いしてたくさん飲んでしまう人も中にはいます。
飲んだら飲んだ分だけアルコールが蓄積していくので、気を付けましょう。

■自分に合うお酒を探す
上記の事以外でも体質に合わないお酒だった、など理由は様々です。
また、肝臓の働きやその日の体調などによっても酔いやすかったりします。
1番は自分に合ったお酒を見つける事で、よりお酒を飲む事が楽しくなるでしょう。
酔いやすいお酒は人それぞれなので、飲み方などを変えてみたり飲んだ事のないお酒に挑戦するなど、無理のない程度に探してみましょう。

弱い人必見!酔わない飲み方5選

お酒強くなるサプリを飲む方も増えていますが、サプリを飲んでいてもお酒の飲み方によってはせっかくのサプリも効果が半減してしまいます。
酔わない飲み方を身に着けることで、お酒強くなるサプリを更に効果的に摂取していきましょう。
飲み会の時に使いたい、酔わない飲み方の紹介です。

■①飲み会の前にオルニチンやウコンを摂取
オルニチンもウコンも二日酔いに良いとされています。
肝機能の向上をさせ、アルコールの分解をサポートしてくれる成分になりますので、普段から摂取しておくとアルコールの分解能力が高まることに加え、肝機能が活性化されるため健康にも良いとされています。
特に、オルニチンはお酒強くなるサプリとしても販売されている成分ですし、かの有名な「お酒を飲んだらしじみの味噌汁」と言われる、しじみに含まれているのがオルニチンという成分になります。

■②空腹は避ける
空腹時にはアルコールの吸収が早まってしまうため、普段よりも酔いが回りやすいとされています。
お酒を飲む前に少し食べておくか、飲み会の時には枝豆や焼き鳥といったタンパク質が豊富な食べ物や、タコホタテなどのタウリンを含む魚介類などをつまみながら飲むようにすると悪酔い防止に繋がります。

■③お酒と同じ量の水を飲む
水を同時に摂取することは体内のアルコール濃度を薄める効果と、アルコールによる脱水症状を抑える効果があるため、お酒を飲む時にはチェイサーを用意すると良いでしょう。
アルコールの利尿作用により、飲んだ水も排出されるため、満腹で飲めなくなるというようなこともありません。

■④グレープフルーツなどの入ったお酒を選ぶ
グレープフルーツに含まれるビタミンC・クエン酸に加え果糖によるアルコールの分解を手助けしてくれます。
生搾りサワーやグレープフルーツジュースを使ったアルコールでも良いですし、飲み会の前に100%ジュースを飲むのも予防効果があります。

■⑤睡眠はしっかり取っておく
疲れている時や睡眠不足な時には、肝機能が低下しアルコールの分解が上手く行われません。
それによって悪酔いしやすく、二日酔いになりやすくもなります。
飲み会前日には、早めの休息で肝臓をしっかりと休ませて翌日の飲み会の時にきちんと働けるようにしてあげましょう。

以上5つの飲み方に気をつけるだけで、普段よりも酔いにくく、なおかつ飲める量が増えることが期待できます。
お酒に強い人はもちろん、弱い人は特に意識して飲むようにすると良いでしょう。
酔わない飲み方とお酒強くなるサプリの併用によってサプリの効果もUPされるのではないでしょうか。

自分で自分を苦しめていた飲み会

お酒が苦手、人と話す事が苦手…そんな方にとっては飲み会は苦痛の場になるでしょう。
そんな、飲み会が苦手な方の体験談を紹介したいと思います。

 

自分は、飲み会が苦手です。
お酒が苦手なのもありますが、飲み会の雰囲気や人とのコミュニケーションの取り方も苦手なため、本当に飲み会が嫌いでした。

ですが、会社にいるとそうは言っていられません。
上司や先輩、取引先などありとあらゆる人から誘いを受けてしまいます。
そんな時は断る事が出来ずに、仕方なくですが参加をしていました。

上司はお酒を飲むと説教じみた事を言い出し、先輩は自慢話ばかりします。
自分は、ただボーっと聞いているだけなのですが苦痛で仕方がありませんでした。

そんなある日、取引先の方に飲みに誘われました。
嫌だったのですが、上司にも促され行く事になりました。

個室の居酒屋だったのですが、取引先の方が年上ばかりじゃ疲れるだろうと、同年代の方も1人連れて来てくれました。
誰が来ても同じだろうと思ったのですが、同性だったのですが運命の出会いというか…飲み会に対する想いが一気に変わった日になりました。

乾杯をした後、取引先の上司と自分の上司は気があったのかすごく2人の世界みたいな感じで飲み合っていて、自分は輪の中には入れませんでしたが、その同年代の人に話しかけられました。

「飲み会、嫌いでしょ?」
ビックリして思わず無言になったのですが、顔に出てたのかと思いすぐに謝りました。
ですが、その人は「自分も苦手だった」と笑って教えてくれました。

その人は、入社した頃からずっと飲み会が苦手で仕方がなかったけど、お酒に強くなる為にもお酒を飲んだりして頑張っていたみたいです。

そんなある日、同じ会社の先輩に言われたそうです。
「話すのが苦手なら聞き上手になれ、酒が苦手なら飲まなくて良いし、その分美味しい料理をたくさん食べて楽しめ、意外と上司の話は為になる、楽しむ要素を自分で探せ。」などと言われたそうです。
その時に、自分の事しか考えていなかったと気づいたそうです。

確かに自分もそうだなと思いました。
自分がお酒が苦手だから飲みたくない
自分は人と話す事が苦手だから話したくない
など、自分のことしか考えていなかったのです。

勝手に上司の話はつまらないと判断して聞いているふりをしていたり、人と話す事が苦手だからと壁を作っていたのです。

それは、まわりにも多少は気付かれていて、何回か「楽しんでる?」などと聞かれた事もありました。
そんな事を考えていると、自分は視野が狭い人間だったんだなと実感する事が出来ました。

その日から自分は、なるべく壁を作らないように努力したり、上司の話をちゃんと聞くようにしたのです。
そうしたら、確かに仕事のやり方や取引先の対応の仕方など勉強になる事を聞く事が出来たのです。
他にも、飲み会の際中に人間観察をしたりして、どんな人なのかを知る事により話掛けやすい人なんだな、と気付く事が出来たりしました。

それからは、飲み会も前ほど嫌ではなくなり、少しは楽しめるようになったので感謝しています。

 

 

 

 

 

辛い二日酔いの原因はアセトアルデヒド以外にもある

■二日酔いの元凶は?
 
辛い二日酔い…飲んだ翌日に動けないほどの二日酔いを経験した人も中にはいるでしょう。
お酒に強くなる為にサプリを飲んだりしても効果がない人や毎回同じ症状に悩ませれている人もいるはずです。
そんな辛い二日酔いの原因はご存知ですか?
二日酔いの原因と考えると「アセトアルデヒド」と思い浮かぶ人は多いと思います。
お酒を飲むと肝臓がアルコールを分解する事によりアセトアルデヒドが発生します。
お酒をたくさん飲む事で肝臓の動きが低下し、アセトアルデヒドが分解されずに蓄積する事で頭痛などの二日酔いの症状が表れるのです。
ですが、これだけが原因ではないのです。
 
■脱水が原因!?
 
お酒を飲むと脱水の状態になる事はご存知ですか?
脱水の症状を引き起こすと、頭痛や吐き気などの症状が表れます。
お酒をたくさん飲む人にとっては嘘みたいな話ですが、アルコールには利尿作用がある為、お酒を飲んだ量以上の水分が体外に排出されるのです。
お酒を飲んだ際に、汗をたくさんかいたりトイレが近くなるのはこのためです。
なので、お酒を飲む際には水分も必ず摂りましょう。
お水でも良いですが、オレンジジュースやトマトジュースで補うと二日酔いの症状に効果のある栄養素も一緒に摂れるのでオススメです。
 

■頭痛の原因は…?
 
二日酔いで頭痛になる事が多い人は、アデノシンが原因かもしれません。
アデノシンは日本酒に多く含まれていて、血管を拡張する作用があるのです。
血管が拡張されると炎症を引き起こし、頭が痛くなってしまうのです。
コーヒー牛乳を飲むと、カフェインとセロトニンの効果により症状が緩和されるので頭痛で辛い時には試してみて下さい。
 

■辛い吐き気の原因は?
 
吐き気が伴う二日酔いは、トイレに籠りっぱなしになったりと辛いものです。
その原因は、低血糖によるものかもしれません。
肝臓はアルコールの分解だけではなく糖分を貯めたり作ったりする所でもあります。
お酒をたくさん飲んでしまうとアルコールの分解だけで肝臓がいっぱいいっぱいになり、糖分を作る事が出来なくなってしまうのです。
そのため、低血糖の症状を引き起こし、嘔吐などの症状が表れるのです。
また、胃酸過多による事が原因の場合もあります。
アルコールが胃を刺激し、胃酸の分泌を過剰にしてしまうのです。
そうすると、胸やけや吐き気などの不快な症状が表れます。
 
このように、二日酔いの症状はたくさんあり、症状によって原因は違うのです。
なので、自分の症状を自覚する事で二日酔い対策や予防がしやすくなるでしょう。

身近な食材で二日酔いを予防しましょう

辛い二日酔いを経験するたびに、お酒に強くなる方法を考えている方もいると思います。
そんな二日酔いを予防する食材を紹介したいと思います。

■バター
脂質をお酒を飲む前に摂取すると、胃粘膜がカバーされるのでアルコールの吸収が緩やかになると言われています。
バターだけではなく、オリーブオイルも効果的です。
パンにつけて食べてから飲みに行くのも良いでしょう。
パンにはオルニチンが含まれているので二日酔いに効果があります。

■柿
他の果物と比べると果糖が多く含まれている為、肝臓の働きを強くする効果があります。
アルコールの分解は肝臓で行われるので、肝臓機能が高まる食材は二日酔い予防にはピッタリです。
また、干し柿にも含まれているタンニンは、血液の中のアルコールを体外に排出する効果があります。

■梅干し
梅干しの成分、ピクリン酸は肝臓の機能を活発化する働きがあります。
クエン酸も含まれているのでダブルの効果があります。
お酒を飲む前にそのまま食べたり、お湯に入れて飲んだりすると良いでしょう。

■チーズ
チーズにはたんぱく質が多く含まれています。
タンパク質が、アルコールを分解する働きを助けてくれるのです。
なので、二日酔い予防にチーズを使ったおつまみを食べるなどすると良いでしょう。
チーズそのものじゃなくても、グラタンやピザを食べるだけでも効果があります。

アロエ
アロエチンというアロエの主成分には解毒作用がある為、肝臓の機能を活性化する事が出来ます。
ビタミンやアミノ酸も豊富なため、代謝を良くしてくれるのでアルコールの分解速度も早くなります。

■ゴマ
ゴマの成分セサミンアセトアルデヒドの分解をサポートしてくれるので、二日酔いの予防に大変効果があります。
また、抗酸化作用を発生させるので活性酸素の除去ができ、肝臓への負担が少なくなります。

■グレープフルーツ
ビタミンCが多く含まれているので、アセトアルデヒドの分解を助けてくれる効果があります。
また、クエン酸も豊富なのでい駅などの分泌を促すため、胃が傷つきにくくなります。
フルーツをそのまま食べるだけではなく、ジュースでも効果は同じなので手軽に補えるので便利です。

■みかん
グレープフルーツと同様に、ビタミンCが豊富です。
胃のむかつきを緩和させる効果があります。
また、オレンジジュースも同じく効果的で、飲み会前に飲む事で水分も同時に摂取できるので、脱水や頭痛などを防ぐ事が出来ます。

このように二日酔いを防ぐ食材はたくさんあります。
家庭にある物や、すぐに購入できる食材が多いので試してみて下さい。

 

女性必見!男性と飲む時にやると嫌われる行動5選

実は、どんな時でも男性は女性のことを密かに観察しています…
意外とするどい男性目線、女子が飲み会の時にすると嫌われてしまう行動5選を紹介します。
 
■世話やき取り分け
飲み会と言ったら、大皿の料理を取り分けるのが女子力アピールの定番でした。
ところが気の利く女の子をアピールしているつもりが、今では逆効果になることも…
「食べたくないのに勝手に取られて迷惑」「取ることに必死で話ができない」
「余計なお世話」「モテたくて必死に見える」など、少し厳しい意見が多く見られます。
「これ食べたい人いる?ついでに取るよ~」といったように、自分のを取るついでに欲しい人にだけ取り分けるなどフランクにすると好印象に。
 
■揚げ物に強制レモン
レモンをかける人、かけない人、どっちも楽しみたい人、食べ方にはそれぞれ好みがあります。
しかし有無を言わさずレモンをかけてしまう人が少なくはないのです。
「揚げ物にはレモンをかけるよね」という自分の好みを勝手に押し付ける結果になってしまうので、必ず「レモンはかけるか」聞いてからにしましょう。
また、あまり知られていないようですが、焼き鳥を串から抜くという人もいます。
「1本食べればいいじゃん」「わざわざ外してみんなで1個ずつ食べるの?」と、その行動は理解を得難いのが現実です。
食べたい串は1本単位で注文するのが無難です。
 
■酒癖が悪い
楽しく飲んで「酔っぱらってきた~」というくらいなら可愛いとの声が多い半面、急に歌い始めたり騒いでお店に迷惑をかける、突然説教を始めるといった酒癖の悪い女の子とは、もう飲みに行きたくないと幻滅してしまう男性多くいます。
女子会では許される行為も、男性には見せないようにしましょう。
 
■特定の人とばかり会話
仲の良い女の子とだけ話したり、好みの男性にだけ話しかけたり、自分をないがしろにされて嬉しい人はいませんよね。
あまりに分かりやすいような行動は、目当ての男性からも嫌われてしまう可能性が…
逆に、あまり盛り上がってない・緊張していて馴染めていない人に積極的に話を振ったり、輪に入りやすいように持っていくといった行動を取ると男女問わず好印象を持ってもらえるでしょう。
 
■泥酔する
飲み過ぎて寝始めたり、吐いてしまったり、自分の飲める範囲を超えた飲酒による泥酔は、一緒に居る人に不愉快な思いをさせてしまう可能性が高くなります。
楽しくても、飲み過ぎには注意が必要です。
お酒は飲んでも飲まれるな精神で、コントロールしましょう。