読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒に強くなる対策

お酒に強くなりたいと願っている人は多いです。しかし、どんな対策をしても一向にお酒に強くなれない・・・という人はぜひ、お酒に強くなる対策を参考にしてみてください。お酒に強くなる対策では、お酒に強くなる為の情報をたくさん紹介しています。

酔うとすぐ気持ちが悪くなってしまいます!

私は体質的にあまり飲める人ではありません。
チューハイ程度のアルコール度数でも350ml缶を一本飲みきることも難しいです。
しかも飲むとすぐに酔ってしまい、飲み会の席では帰る時に立ち上がると気持ちが悪くなってしまうので、自分自身も「お酒に弱いんだからセーブしなきゃいけない」と思い込んでいたのかもしれません。
ある時、会社の飲み会でいつもより酒が進んでいたことがありました。
その飲み会はちょうど抱えていたプロジェクトが終わりを迎えて、プロジェクトメンバーの解散会でした。
同じプロジェクトの苦楽を共に過ごした仲間と飲んでいたこともあり、プロジェクト設立の話から始まり、会話も酒もよく進んでいたのを覚えています。
その時、突然フッと意識が頭の後ろに移動したような感じがしました。
なんだか回りの音が何か遠くに聞こえて、まるで耳の表面に水の膜が張って声を遮っているようでした。顎からこめかみまで鼓動に合わせて熱く唸っているような感覚がありました。

そこで飲むのをやめおけばいいものを、私は「今日はまだ飲める」と勘違いをして、以降もお酒を含み続けました。
その時は飲みすぎたあと吐けばいいなんていう考えでいましたが、のちの事を考えるとここで辞めておけばよかったなあと今でも後悔しています。
飲み会がお開きになって、さあ帰ろうと立ち上がった時、私は強烈な吐き気に襲われました。
全身の血液がサーっと身体を滝のように流れ落ちるような感覚でした。
いま思い出しても気持ちが悪くなります。
私は同僚に抱えられてトイレで吐くことしかできませんでした。
気持ちよく飲んでいたあまりに自分の限界量を超えてしまったのだと思います。
また、話の軽快さに釣られて、飲むペースも大分速かったように思います。
自分自身が飲めないことを知っていながら、本当に恥ずかしいことをしました。
自分がお酒に弱いということを知っていてもなお、飲酒グッズを持ち要らなかったことや、飲む量をセーブ出来る場面はいくつもあったのに、自分を過信して飲み続けた故に、みんなに迷惑をかけてしまいました。
あの時の自分の行いに対してすごく反省しています。
飲める人は飲めない人への配慮を、
飲めない人は飲めないなりの対処を忘れずに行うようにしましょう。
そして何よりも、飲める・飲めないに関わらずお酒の席は楽しめるものにしてください。
私のように最後の最後でみんなに迷惑をかけてしまうとてとも恥ずかしい思いをすることになりますよ。

肝臓の酸化は錆(サビ)である

■肝臓がサビる!?
二日酔い予防・肝機能向上に良いとされるお酒強くなるサプリの成分にはオルニチンが含まれています。
肝臓に良いと言われる肝機能の向上効果はお酒に対することだけではありません。
肝臓はその名の通り、生命維持に必要な肝である臓器です。
しかし沈黙の臓器をも呼ばれるくらいに自分から不調を訴えてはくれません。
「胃が痛い」「頭が痛い」とは言いますが、「肝臓が痛い」とは言いませんよね。
なぜなら肝臓自体が痛むことはほとんどなく、不調は痛み以外で表れるからです。
肝臓は心臓から1/4の血液を送られてくる臓器です。
その大量の血液をそれぞれ代謝・解毒・胆汁などの必要な役割へと振り分けていくポンプ役を担っているため、他の臓器に比べ酸素を消費しやすく活性酸素を発生させやすいという面があります。

活性酸素が肝臓にもたらす影響とは?
活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類が存在し、善玉活性酸素は食物や空気によって体内へと侵入してきた細菌やウイルスを退治してくれます。
しかし、悪玉活性酸素が増え善玉活性酸素が減少すると細胞を傷つけたり必要な臓器を酸化させてしまいます。
これによって肝機能が低下すると肝臓の担っている働きが正常に行えなくなり全身に広がっていくのです。
悪玉活性酸素はガン細胞の原因であるとされ、除去するために水素水や抗酸化作用のある食べ物を摂ることに注目が集まっていますが、その中の1つがオルニチンによる肝機能の向上で善玉活性酸素の働きを阻害・解毒させるということなのです。

■悪玉活性酸素の除去方法
まず肝臓への悪玉活性酸素は肝臓の働きを良くすることで、肝臓本来の持つ解毒作用によって排出させることが出来ます。
それに良いとされるのがオルニチン等を含むしじみです。
また、抗酸化作用のある食べ物はビタミンA/C/Eとポリフェノールが含まれているものが効果的なので、ごま・ぶどう・ほうれん草・にんじん・レモン・パセリ・みかん・アーモンド・小魚・大豆製品・ブロッコリー等がオススメです。
食生活を意識的に改善するのなら、同時に睡眠にも気を配りましょう。
肝臓は寝ている間にも食事等を分解し解毒し体内へと循環させます。
なるべく睡眠時間前に食事をすることを避け、肝臓がゆっくりと休める日を週に数日用意できるとより元気に活動できるようになります。
また、サプリメントの摂取も就寝2時間前くらいにし、じっくりと肝臓に効くようにしてあげると良いでしょう。
日常生活の改善、そのサポート役にサプリメントを活用すると肝臓の酸化を防ぐことに高い能力を発揮します。

お酒で疲労増加?疲労回復?

■お酒による疲労とは
お酒強くなるサプリが二日酔い予防に繋がるというのはご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、なぜそうまでして二日酔い予防が注目されているのかはご存知でしょうか?
お酒を飲んだあとは肝臓が分解をすることで体外へと排出されますが、肝臓には疲労回復という役目もあります。
お酒の分解で肝臓が疲労すると体全体の疲労回復が行えずに疲れが蓄積していくという悪循環に陥りやすくなります。
もちろん、肝臓だけが原因とは言い切れませんが確かな可能性として医学的にも証明されている大きな原因となるのです。

■肝臓はブラック企業の社員並み?
代謝・解毒・胆汁作りに疲労回復…
重要な役割をいくつも任されている肝臓は毎日毎日休みもなく働き続けています。
休暇は持ち主の気分次第という、まるでブラック企業に勤める社員のような仕事量を余儀なくされていると言っても過言ではありません。
これだけ一生懸命働いてくれるんですから、せめてお給料はきちんと支払わなくてはいけません。
肝臓が喜ぶものとしては、やはり肝機能をサポートする・負担を減らしてあげるというのが一番ではないでしょうか。
そこで必要なのがアミノ酸やタンパク質等の肝臓が必要とする栄養の補助になります。
これが二日酔い予防・お酒強くなるサプリに含まれるオルニチン等の成分を摂取することへと繋がります。
二日酔いになるということは肝臓の働き以上のお酒を飲んでいるということ。
いくら残業しても終わりの見えない書類の山に追われているようなものですね。
せめて誰かが手伝ってくれたら…というサポート役になるのが栄養の補助なのです。

■適度な飲酒で疲労回復
過度な飲酒は肝臓の酷使に繋がりますが、適度な飲酒は「長生きの秘訣」とも言われています。
これは、飲酒により食欲が増加しご飯を美味しく感じられることや、緊張をほぐしリラックスすることでストレスの解消へと繋がったり、血行の促進や利尿作用によって代謝を高める効果や善玉コレステロールを増やしてくれるといった効果によるものですが、全てのポイントは「適度に」ということです。
ビールなら500mlまで、日本酒なら1合までなど、適量も人それぞれですが、ほろ酔い程度に抑えておくことで「今日も頑張ったなぁ」という解放感や仕事とプライベートのスイッチのような役割をし、体が休むモードに切り替わる目安にもなります。
ただし、日々量が増え、アルコール依存症に…なんてことにはならないように自制心は強く持ち、週に数日は休肝日を作るようにしましょう。

しじみの力は偉大!女性にも効果的?

■しじみは女性にも嬉しい効果持ち!
お酒強くなるサプリの代表的な成分として知られるオルニチンですが、食品でより多く含んでいるのがしじみだと言われています。
二日酔いの朝やお酒を飲んだ後にはしじみの味噌汁を飲むと良いとよく言いますよね。
その結果、お酒が好きな人やよく飲む人に効果的だと思われがちですが、しじみには女性やお酒をあまり飲まない人にも嬉しい効果がたくさんあるのです。

まず、オルニチンは肝臓に良い成分であることから二日酔いに効果があると言われていますが、オルニチンの効果は肝臓へのサポートだけではありません。
オルニチンには細胞の分裂・活性化・再生等の働きがあり、老化防止にも役立つ重要な遊離アミノ酸に分類されます。
アミノ酸は肌を有害な紫外線や刺激から守るバリア機能や保護保湿を担う大切な成分です。
不足していると肌の再生やターンオーバーが正常に行われずに古い角質が残ってしまったり、乾燥肌や肌荒れの原因にもなります。
また、成長ホルモンの生成を促進するので年々衰えて行く筋肉の増強や基礎代謝の向上といった全身に効果のある成分になります。
体内には500種類以上のアミノ酸があるとされていますが、食事で摂れるオルニチンは比較的摂取しやすいのです。
しかし、必要量を毎日摂ろうとなれば、何百個というしじみを食べなくてはならないためサプリメントでの摂取が増加しています。

■ホルモンの乱れも改善できる!
しじみ=オルニチンというイメージが強くなっていますが、しじみにはオルニチン他にも亜鉛や鉄が含まれています。
鉄分が不足すると貧血になりやすいというのは常識のように知られていることですが、月経によって貧血を起こしやすい女性には嬉しい効果です。
更に亜鉛は鉄の吸収をサポートしてくれますので鉄を効率的に摂取できるという相乗効果もあります。
その亜鉛も、乱れやすい女性ホルモンのバランスを調整してくれるという効果を発揮します。
ホルモンバランスの乱れは月経不順や肌荒れ、寝不足や食欲不振など様々な不調の原因になります。
しじみは、細胞の活性化によって老化の原因である悪玉活性酵素の酸化を防止し肌を健康に保ち、成長ホルモンの促進による基礎代謝を高め、肝機能の向上やホルモンバランスの正常化を図るなど男性だけではなく女性にもとても効果的な成分が豊富に含まれているのです。

更に、ビタミンやカルシウム、タウリンといった必要な栄養素も含んでいるため、血行を良くし生活習慣病の予防にも繋がります。
ぜひとも、意識して摂取していくと良いのではないでしょうか。

お酒で疲労増加?疲労回復?

■お酒による疲労とは
お酒強くなるサプリが二日酔い予防に繋がるというのはご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、なぜそうまでして二日酔い予防が注目されているのかはご存知でしょうか?
お酒を飲んだあとは肝臓が分解をすることで体外へと排出されますが、可能には疲労回復という役目もあります。
お酒の分解で肝臓が疲労すると体全体の疲労回復が行えずに疲れが蓄積していくという悪循環に陥りやすくなります。
もちろん、肝臓だけが原因とは言い切れませんが確かな可能性として医学的にも証明されている大きな原因となるのです。

■肝臓はブラック企業の社員並み?
代謝・解毒・胆汁作りに疲労回復…
重要な役割をいくつも任されている肝臓は毎日毎日休みもなく働き続けています。
休暇は持ち主の気分次第という、まるでブラック企業に勤める社員のような仕事量を余儀なくされていると言っても過言ではありません。
これだけ一生懸命働いてくれるんですから、せめてお給料はきちんと支払わなくてはいけません。
肝臓が喜ぶものとしては、やはり肝機能をサポートする・負担を減らしてあげるというのが一番ではないでしょうか。
そこで必要なのがアミノ酸やタンパク質等の肝臓が必要とする栄養の補助になります。
これが二日酔い予防・お酒強くなるサプリに含まれるオルニチン等の成分を摂取することへと繋がります。
二日酔いになるということは肝臓の働き以上のお酒を飲んでいるということ。
いくら残業しても終わりの見えない書類の山に追われているようなものですね。
せめて誰かが手伝ってくれたら…というサポート役になるのが栄養の補助なのです。

■適度な飲酒で疲労回復
過度な飲酒は肝臓の酷使に繋がりますが、適度な飲酒は「長生きの秘訣」とも言われています。
これは、飲酒により食欲が増加しご飯を美味しく感じられることや、緊張をほぐしリラックスすることでストレスの解消へと繋がったり、血行の促進や利尿作用によって代謝を高める効果や善玉コレステロールを増やしてくれるといった効果によるものですが、全てのポイントは「適度に」ということです。
ビールなら500mlまで、日本酒なら1合までなど、適量も人それぞれですが、ほろ酔い程度に抑えておくことで「今日も頑張ったなぁ」という解放感や仕事とプライベートのスイッチのような役割をし、体が休むモードに切り替わる目安にもなります。
ただし、日々量が増え、アルコール依存症に…なんてことにはならないように自制心は強く持ち、週に数日は休肝日を作るようにしましょう。

栄養ドリンクの種類と飲み方

■栄養ドリンクの種類
 
お酒強くなるサプリなどとの併用で二日酔い予防や軽減に良いとされる栄養ドリンク。
様々な成分によって多数の種類が存在します。
代表的なものとしてはウコンドリンクが有名かと思いますが、二日酔いに良いとされる栄養ドリンクにはどんなものがあるのでしょうか。
 
【ウコン】
二日酔い予防として確かな地位を築いているウコンベースのドリンク。
ウコン自体の種類も豊富でウコンの種類によっても効果が違うという万能薬としても古くから知られている漢方の一種としておなじみです。
コンビニやドラッグストア等、入手がしやすく値段も安価なため高い人気を誇っています。
ウコンドリンクとして使われる秋ウコンは鉄過剰を起こしやすい肝炎疾患の方には注意が必要となります。
 
【オルニチン】
しじみベースの栄養ドリンクが増えています。
その理由として、お酒強くなるサプリ等でもよく含まれるオルニチンという成分が肝機能の向上に高い効果を発揮し、二日酔いの軽減や予防に役立つことが挙げられます。
ウコンと同じくらいの値段なのでコストパフォーマンスも抜群で、飲酒量も増加傾向にあると言われています。
 
【ビタミン】
コンドロイチン等を含むビタミン含有保健薬も多数販売されています。
肝臓水解物を主成分として作られており、お酒を飲む前、飲んだ後に摂取することで飲酒量の増加と二日酔いの予防に効果的です。
 
【アラニン】
ラニンを含む栄養ドリンクは二日酔いの症状を軽減させるとして需要が高まっています。
飲酒後の有害物質アセトアルデヒドの分解をサポートしアスパラギン酸等で排出の手助けをする効果があります。
 
■効果的な飲み方
 
それぞれの栄養ドリンクは異なる成分で出来ていますが、ほとんどが滋養強壮・疲労回復・栄養補助といった効果が記載されています。
 
二日酔いに良いと言われる栄養ドリンクはそのほとんどが肝臓に働きかける成分を豊富に含んでいるため、アルコールの分解をサポートすることが目的と言えるでしょう。
効果的な飲み方とすれば、飲酒前に肝機能向上に良い成分を含む栄養ドリンクを摂取し、飲み会終了後にももう1本飲んでおくことです。
 
可能であれば、飲酒中にも1本飲むと更に分解能力のサポート力が増しますが、商品説明に記載のある用法容量を守っての摂取を徹底しましょう。
 
ドリンクタイプの他にも錠剤やカプセル等その形状は様々ですが、最も効果が早く現れるのがドリンクタイプなので、飲み会までの時間が短い時などにも便利です。

お酒の席で重要なのはペース配分

■お酒を飲む時に重要なこと
お酒強くなるサプリで日頃から肝臓を鍛える・サポートするのはとても重要なことです。
そもそもアルコールの分解を行う肝臓は飲酒によるダメージが大きく、肝機能の低下は全身のいたる所への影響力を持っています。
ただ、サプリの効果も飲み方一つで半減してしまうので最も重要なのは、お酒を飲む人の飲み方であると言えます。
では、どういった飲み方が良いのでしょうか?
お酒を飲み慣れていない人の多くは最初のペース配分に問題がある場合が多いのですが、自分のペースをコントロールするにはどうしたら良いのかをまとめていきます。

■ペースを崩す飲み方とは
遅刻して参加した時に「駆け付け三杯」という掛け声をされることがあります。
これは、遅れてきた人が先に飲み始めていた人の酔いに追いつくという意味もありますが、元々は中国や日本での宴席での罰則からきているものだと言われています。
駆け付け三杯は要は一気飲みということです。
一番最初にこれをやってしまうと、空腹でのアルコールにより悪酔いしやすくもなりますし、その後から飲むことが出来なくなってしまうこともありますので避けるようにしましょう。

更に酸化した油を使っているようなおつまみは避け、少量の揚げ物でアルコールの吸収を遅らせたり、枝豆や刺身、サラダ・豆腐などのアルコールの分解を手助けするおつまみを選択すると悪酔い予防に効果的です。

■上手なペース配分とは
人によって飲める量は異なります。
これは個人個人の体内にあるアルコールの分解酵素の有無や活発性によるものなので、誰かがこれくらい飲めるから自分も飲めるというようなマニュアルがないのです。
大切なのは、「自分が何をどのくらい飲んだらどうなるのか」という変化を知ることです。
1時間かけてコップ1杯でも酔っぱらってしまう人もいれば、1時間に5杯飲んでも平気な人がいます。
まずは、どの程度お酒に対する耐性があるのかを知ることで自分の限界量を把握しましょう。
一般的に1時間に1杯~3杯であれば急性アルコール中毒になるような血中濃度にはなりません。
(アルコールの度数にもよりますが、大半は大丈夫です)
最初は少しずつゆっくりと飲むようにし、何時間で何を何杯飲んだ結果、どうなったかという記録を残すと良いのではないでしょうか。
その後から少しずつ1時間に飲む量を増やしてみたり、お酒の種類を変えてみる等の変化を取り入れてみましょう。
そうして自身の飲める量を知ると、お酒の付き合いの席でも酔い潰れたり記憶を無くすようなことは防ぐことが出来ますし、重度の二日酔いも避けることが可能になります。